でぐちやドットコム技術ブログ

でぐちやドットコムの技術系ブログです。

LaravelでViewを使ってHello world

前回、Controllerから直接Hello Worldの文字列を出力しました。

kouji1110.hatenablog.com

次はControllerからViewを呼び出して表示させてみたいと思います。

Viewファイルの作成

Viewはresources/views/にファイルを作成します。Controllerはartisanコマンドで作成しましたが、Viewは直接ファイルを作るようです。いまいち違いがわかりませんがそういうものだと思って進めたいと思います。

今回はhello.blade.phpを作成しました。

記述は下記のようにします。

<h2>Hello world From View</h2>

Controllerから呼び出し

前回作成したgetIndex()メソッドを下記のように変更します。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class helloController extends Controller
{
    public function getIndex() {
//        echo 'Hello World';   # ←前回やった直接表示
        return view('hello');
    } 
}

view('hello')で作成したhello.blade.phpが読み込まれます。

ブラウザで確認

ブラウザでhttp://homestead.test/helloworld/indexにアクセスして確認すると、hello worldが表示されていることが確認できました。
実際は、Controllerで色々と処理を行って、その結果をViewに渡して画面を表示すると言う流れになるのかな。